調剤薬局の情報が満載!

薬局の譲渡で失敗しないためには

薬局の譲渡で失敗しないためには 薬局も競争が激しく、利益が減少しているお店も多々あります。
又、後継者問題で先行きが不安なお店もあることでしょう。
薬局の事業継承をお考えならば、薬局に特化してM&Aを援助してくれる会社があります。
薬局の場合、競争過多によって利益が減少している場合が多いのですが、事業譲渡が成功するためには利益改善が見込める施策が必要です。
譲渡によって利益が改善しなくては失敗に終わってしまいます。
しかし、薬の場合には流通や薬の価格交渉の改善で利益が大きくアップする可能性があります。
M&Aをうまく利用して、今のお店には持ち合わせていないノウハウを入手するなどで、利益が大幅にアップできます。
相手方との交渉もM&Aを援助してくれる会社にて進めてもらえますし、この会社のアドバイスから事業継承がスムーズにできた事例が多々あります。
利益改善も含めたM&Aならば、専門の会社のアドバイスをもらいながら、進めていくのがもっとも失敗しない方法です。

薬局M&Aの譲渡価格の算出と売却までの流れ

薬局M&Aの譲渡価格の算出と売却までの流れ 薬局M&Aとは、簡単に言うと薬局を売ることです。
M&Aには、売却や合併といった意味合いがあります。
これに必要となるのが、適正な譲渡価格の算出です。
これから売却完了までの流れを解説していきます。
一般的にどれくらいで売却されているのかを知る必要があるのです。
まず、譲渡価格の算出方法ですが、営業利益3から5年分に純資産を加えることで出てきます。
営業利益とは、売り上げ全体から経費を差し引いたものとなります。
純資産については、設備や店舗なども含めて薬局が持つ資産総額から負債移送額を引いて算出したものです。
これで適切な価格の算出が可能となります。
しかし、規模や複雑さによって価格には大きな差が生じるので注意が必要です。
売却完了までの流れを説明すると、しっかりとした事前準備をした後に買い手選びを行い、最終的に契約をした時点で売却完了となります。
素人では困難な手続き等もあることを考え、専門のアドバイザーに委託するという方法をお勧めします。