調剤薬局の情報が満載!

薬局を譲渡する際の手続きと流れ

薬局を譲渡する際の手続きと流れ 薬局を譲渡するときは、店舗の運営会社が変わるため、保健所や厚生局への行政手続きが必要となります。
一から新規で開設許可等を取り直すイメージです。
順序としては保健所で開設許可をもらってから厚生局へ申請に行く流れです。
例えば10月1日が予定だとすると、9月上旬~遅くとも中旬頃までには保健所への本申請を済ます必要があります。
その前に事前相談にも行かなければならないので、契約書の締結は8月下旬までにするのが妥当です。
また、厚生局では「遡及申請」というシステムがあって、M&Aの際はこの遡及申請を利用することがほとんどです。
前述の例でいくと、開設日の10月1日以降に厚生局へ届出をし、10月1日からの保険収入を遡って後日もらうイメージです。
この場合に人員体制の変更が無いか、薬歴や患者の情報がしっかり引き継がれているか、等がチェックされることが多いです。
このように、薬局の事業を渡す際は開設日(譲渡日)から逆算してスケジュールを組む必要があります。
全体のスケジュール感を事前に整理した上で動き始められるとスムーズに進めることができます。

薬局の譲渡の流れはどのようになっているのか

薬局の譲渡の流れはどのようになっているのか 薬局を譲渡するにあたっての流れとして、仲介業者を間に入れて行います。
無料相談などで見極めて自分に合ったところを選ぶ事がまずは必要です。
打ち合わせをまず行います。
企業価値の算定や打診候補企業の選定をするために資料の開示と秘密保持契約を締結し、スケジュール感などの打ち合わせを行います。
仲介業者は開示してもらった資料をもとに売却見込み価格を算定して提示、算定した企業価値に基づいて売却希望価格を設定して打診する企業を選んでもらいます。
そこで、仲介契約をしたらそこから費用が発生します。
相性と条件が良い相手が見つかれば、売却価格やスキーム、スケジュールなどの他、基本的な条件を定めた契約の基本合意書の締結を行います。
買い手や買い手が選任した会計士や弁護士などが財務調査・法務調査などを受ける買収監査というものを受けたら、 薬局の譲渡の諸条件を調整して最終的な契約書を作成して締結を行います、街頭契約書に基づいて支払いを実行することになります。