調剤薬局の情報が満載!

このサイトでは薬局の譲渡でのメリットを売り手の観点と買い手の観点から説明しています。
売り手サイドからの観点では、金銭面で考えられるメリットや薬剤師不足の昨今で、社長がかかえる業務の負担の軽減となります。
買い手サイドからの観点では、出来上がっているものを購入することで回避できるゼロからはじめるリスクと時間のリスクを説明をしています。
それに伴い、事業拡大にともなうメリットで幅を広げた経営を行うとが合わせてできます。

薬局の譲渡について

薬局の譲渡について 薬局の譲渡でのメリットを説明します。
まず、売り手サイドの観点でいえば、これまで築きあげて来たものをお金にすることができることと、業務負担の軽減が可能となります。
特に業務負担の軽減は大きなメリットと言えるのでしょう。
なぜなら、薬剤師不足の今、調剤薬局の社長は現場で働かれている方が多いのが現状だからです。
また、買い手サイドの観点からいえば、すでに出来上がっているものを買うことになるので、ゼロからはじめるとリスクや出来上がるまでに時間がかかるリスクを回避することができます。
事業を拡大しようと思うなら新規出店するよりも既存の薬局を買うことの方が大きなメリットとなります。
幅を広げた経営をすることも可能となります。

薬局を譲渡する際に買い手に事業開設許可があるか注意

薬局を譲渡する際に買い手に事業開設許可があるか注意 1990年代において病院での調剤を止めて、薬の調剤は薬局で行うという医薬分業施策が導入されてから約30年近い年月が経とうとしています。
この医薬分業の流れから薬剤師の方が薬局を病院の近くに設置し、病院で出された処方箋にしたがって薬を調剤するという状況が続いていましたが、薬局も乱立することとなり競争が激化することとなりました。
このような中、薬局経営をしても薬価等が上がらず利益率が低下してしまったこと等により薬局を譲渡するというのが一つの選択肢として注目されることとなっています。
地域の健康管理の担い手という役割もあり一定のニーズがあるものですので、そのニーズの受け皿となる事業者が出てきた場合には譲渡するのが望ましいです。
しかし、この業種は薬事法に基づく許認可事業であるため、新たな事業者において開設許可申請をしなければならない等の手間があり、事業継続するにあたってある程度のタイムラグが生じてくるという事態も生じえます。
このような事態を避けるためには事業の買い手の方がすでに事業者として開設許可を他で有しており、実績がある大手のチェーン店やまた地域のチェーン店などが買い手となってくれるのが一番よいといえるでしょう。

M&Aの情報サイト

薬局 譲渡